BLOG

Staff Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 髪のこと
  4. ノンシリコンは髪にいい?まずは洗浄成分を見て!美髪のための正しい知識を

ノンシリコンは髪にいい?まずは洗浄成分を見て!美髪のための正しい知識を


みなさん、こんにちは
川越市松江町にある蔵の美容室
hair healing Rasit
(ヘアーヒーリング ラシット)
です

今回は前置きすっ飛ばして
どうしてもRasitから

みなさまにお伝えしたいこと

かなりの確率でお客さまから
よく質問にあがります

「ノンシリコンシャンプーって
髪にいいの?」

結論から先に言ってしまうと
お客さまの髪の状況と
シリコンの種類によります

そしてシリコンという成分自体は
人体にとって全くの無害です!
様々なメディアや広告宣伝によって
ノンシリコンシャンプーの名が大きくなり
ノンシリコン=いいもの
シリコン=悪いもの
という風潮になっていますよね

ですがそんな状況に多くの美容師たちが
異論を唱えているのも事実

ノンシリコン=髪にいい

そもそもなぜノンシリコンが髪にいいのか
もっともシリコンって何なのか

きちんと理解し自分の髪に合った
シャンプーを選んでいる方

少ないのではないでしょうか?

声を大にして言いましょう
シリコン入りのシャンプーは
悪ではありません
(良質なシリコンに限る)

シリコンより悪は洗浄成分である
石油系の界面活性剤です

 

シリコンが入っているか
ではなく
洗浄成分は何なのか?
に重きを置いて欲しいのです

みなさまの髪を想い

本当に自分の髪に合った
シャンプー選びの一助となるよう

本日はシャンプーについて
お伝えしていきたいと思います

 

そもそもシリコンって何でしょう?

正式には「シリコーン」と言います
ここでは聞きなじみのあるシリコンで
記していきますね

シリコンの元

シリコンはケイ素という物質で出来ており
このケイ素は土壌に多く含まれています
食品や人の体の中にもあります

手触り(口どけ)やツヤを良くしたり
コーティング作用があります

科学的にも安定しており身近にも
このシリコンを使ったものって
たっくさーーーーんあるんですよ

身近なシリコン

・スキンケア用品、口紅リップなどの化粧品
・ティッシュ
・洗剤
・掃除用ワックス
・胃カメラ時のバリウム
・医療用チューブ
・美容整形につかうシリコン
・缶コーヒーや豆腐などの食品

このように化粧品から
食品まで幅広く使われています

私たちの生活になくてはならないのが
シリコンという物質なのですね

シャンプーにおけるシリコンの表示

原材料や成分表にシリコーンと書いてあれば
それは間違いなくシリコン含有ですが
○○ジメチコンなどと長々しい名称で
消費者の目を欺いていることもあります

・シクロペンタンロキサン
・アモジメチコン
・ジメチコン
・ジメチコール
・ステアリルジメチコン
・トリシロキサン
・シクロペンタシロキサン
・シクロメチコン

あくまでシリコンは総称なので
成分表にこのように書かれていたら
シリコンだと思いませんよね

ノンシリコンだと思って使っていても
○○メチコンなどという記載があれば
それはシリコンで間違いないと思います

シリコンが悪いと広まった理由

ではなぜシリコンが悪いと言われるように
なったのか?

以前某大手メーカーが出したシャンプー
有名な女優さんたちを起用し爆発的人気になりました

使うと手触りがさらさらになる
それもそうです
そのシャンプーは手触りやツヤを出すために
大量のシリコンが含まれていたのですから

このシャンプーにより
美容院でパーマがかかりにくい

カラーの色が入りにくい、べたつく
などの様々なトラブルが起こるようになり

他メーカーからノンシリコンが販売
シリコンは悪いという宣伝文句によって
シリコン=悪いもの
というような風潮になってしまいました

何にでも限度というものがありますよね
たくさん使えばいいってものではありません

 

なぜシリコン使うかを知る

ではなぜシリコンをシャンプーに入れるか?
シャンプーの役割はあくまで頭皮の洗浄です
不必要なものであれば始めから入れる必要は
ありません

シリコンシャンプーを使うことの
メリットデメリットをしっかり
理解していきましょう

シリコンシャンプーのメリット

・髪の手触りを良くしてツヤ感を出す
シリコンは髪のキューティクルに付着し
髪の表面をコーティングしてくれる作用

・ドライヤーの熱や摩擦から髪を守る
髪の表面をコーティングしてくれるので
ドライヤーやコテの熱ダメージから髪を守る

・広がる髪をまとめてくれる
シリコンはしっとりした仕上がりになるので
髪の広がりをおさえてくれる

デメリット(悪いシリコンの場合)

・髪がべたつく重くなる
・含有量が多いとカラーやパーマに影響
・髪内部が良くなっているわけではない
などなど

毛穴が詰まるなどとも言われていますが
毛穴からは絶えず皮脂が沸き上がっており
詰まるということは一切ありません

ノンシリコンシャンプーでは?

健康な髪で、特にダメージなどもなければ
ノンシリコンシャンプーが良いでしょう

シャンプーは頭皮を洗浄するのが目的
ノンシリコンシャンプーの方が
よりニュートラルな状態となります

しかしダメージレベルが高い方が使うと
ニュートラルな状態であるがゆえ
熱や摩擦からのダメージを直に受けてしまい
結果的に髪の傷みを増長させてしまいます

 

シリコンよりも大事な洗浄成分

冒頭でも申し上げました
シリコンが入っているかどうか
よりも、もっと大事なこと

それはシャンプーに含まれる洗浄成分
泡立ちの元になる界面活性剤のことですが
これ、本当にすごーーーーく大事なのです

洗浄成分の種類

界面活性剤と聞くと悪そうな気もしますね
が、界面活性剤が入っていないシャンプーは
恐らくありません

界面活性剤にも種類があります
・高級アルコール系(石油系合成界面活性剤)
・植物系
・アミノ酸系

みなさまには髪と同じ成分で出来ている
アミノ酸系
をお選び頂きたいのです

 

高級アルコールは高級だから良さそう?
いえ、頭皮と髪に全く良くありません

非常に洗浄力が強く必要な潤いまで奪い
髪をギシギシにします
頭皮への刺激も強く、トラブルの原因に

人体においても悪影響を及ぼしかねないです

安価で大量生産できるため市販シャンプーで
よく使われている界面活性剤ですが

そのギシギシをごまかすために
上記で述べたシリコンを使っているのです

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸、
ラウレス硫酸アンモニウム

これらが表示してあるシャンプーは
絶対にオススメしません

 

とある市販のシャンプーのうたい文句

成分を見てみると・・・

ありましたラウレス硫酸Na
大切な人だからこそ
使うのにためらってしまう成分なのに・・

しかもシリコンを使っていない?
一体どんな成分を使って手触りなど
よくしているのでしょう?
考えただけでもゾッとします・・

アミノ酸系シャンプーが良い理由

髪と同じ成分で出来ている
・洗浄力が温和
低刺激できめ細かい泡立ち
・頭皮に必要な皮脂だけを残し、髪の摩擦を軽減
(わざわざシリコンを入れる必要なし!)
・カラーやパーマの持ちが良い

主な成分表示
グルタミン酸・タウリン・アラニン・グリシン
サルコシン・アスパラギン酸

などのアミノ酸系界面活性剤を洗浄成分
としているシャンプーをオススメします

ただやはり少々高価であることが
デメリットともなります

 

アミノ酸系シャンプーの多くにシリコンが
入っていないのはシリコンを入れなくても
アミノ酸の力で
補えてしまうからなのです

それでも髪のダメージが気になる方は
アミノ酸系シャンプーに良質シリコン
入っているものを選べば
最強です!!

 

ノンシリコンシャンプーは髪にいい?への終止符

シリコンがどんなものなのか、それよりも
洗浄成分に目を向けて欲しい理由が
何となくでもお分かり頂けたら

そして次にシャンプーを購入する際の
お役に立てたら嬉しいです(*´▽`*)

シリコンを悪いものとして扱うのでなく
梅雨で髪が広がるからシリコン入りなどと
髪の毛の状況に応じて使い分けられたら素敵です

そして健やかな髪と頭皮のために
アミノ酸系シャンプーを選ぶということ

自分に合ったシャンプーを選ぶにあたり
今の髪の状態をカウンセリングして!!
という方はぜひ

hair healing Rasit
(ヘアーヒーリング ラシット)
へお越しください(^^)

 

営業時間:月~日 10:00~18:00
予約優先制/火曜定休(営業時間外対応可能)
各種クレジットカード PayPay決済可

電話予約する

関連記事